元祇園梛神社の御朱印と御朱印帳【詳細】拝観(受付)時間まとめ『歴史と体験談あり』


元祇園梛神社(もとぎおんなぎ じんじゃ)境内

元祇園梛神社(もとぎおんなぎ じんじゃ)境内


写真の左が元祇園梛神社、隼神社(はやぶさじんじゃ)が右です。

自分自信が病気にかかったら?みなさんはどうしますか?
普通は病気にかかると我慢するか、すぐに病院に行くかが普通ですよね?

だけど、愛する人や大切な家族が病気にかかり入院するような場合はどうしますか?不思議なことに自分自身のことは何も考えないのに、人のことになると「あーでもないこーでもない」(笑)といろいろ考えるあなたはすごく良い人!

そんなあなたが是非参拝するなら疫病退散のためにお祀(まつ)りされた古くからある神社の元祇園梛神社(もとぎおんなぎ じんじゃ)がかなりおすすめですよ!

ここ元祇園梛神社(もとぎおんなぎ じんじゃ)で御朱印やお守りを愛する人・大切な方のために頂くときっと病(やまい)から護ってあげられる、またご自身のためにも!私は母親のために参拝しました。

スポンサーリンク



梛神社の由来と歴史

元祇園梛神社(もとぎおんなぎ じんじゃ)通称は「元祇園社」(もとぎおん)と呼ばれる梛神社(なぎじんじゃ)が本来の神社の正式名称なのですよ。

梛神社の由来は

今からおよそ1140年の前に京のまち(今の京都市)で伝染性の激しい熱病のいわゆる疫病(えきびょう)流行により今の兵庫県姫路市の広峰山(ひろみね)山頂の

広峰神社(ひろみねじんじゃ)から日本における神仏習合の神牛頭天王(ごずてんのう)の分霊を迎えて疫病を沈める鎮疫祭(ちんえきさい)を行い、

その分霊を梛の林中に置いて祀ったのが創祀(そうし)という梛神社(なぎじんじゃ)の始まりと記録されているのですね。

京都に行ったことない方でも何となく祇園祭を聞いたことありますよね?

なぜ「元祇園社」と呼ばれるかと?

月日(つきひ)が立ち牛頭天王の分霊を八坂(やさか)に祀って祇園社、つまり今の八坂神社を創建し、その時に梛の住民が花飾りの風流傘を立てて

両刃の剣に長い柄をつけた大昔の武器の鉾(ほこ)を振りながら楽(音楽)を演奏しながら神輿(みこし)を八坂神社に送ったので、これが祇園会の始まりとされて元祇園の神社とされているのでした。

梛神社の由来と歴史は最初に書きましたが、要点をまとめて参拝の時に拝殿や景色で思い出してください。きっと役に立ちますよ。
  • 創建(創祀)は
  • 今からおよそ1140年前の社伝では、貞観11年(876年)
  • 祇園祭の始まりの神社

六波羅蜜寺の御朱印種類と御朱印帳の値段

ではそんな歴史のある元祇園梛神社(もとぎおんなぎ じんじゃ)の御朱印で私がありがたくいただいたのは3種類でした。

梛神社御朱印

梛神社御朱印

出典梛神社・隼神社

写真は梛神社の御朱印その1。墨書【梛神社】朱印は【元祇園梛神社】で梛の花と葉の図柄でした。

梛神社御朱印

梛神社御朱印

出典梛神社・隼神社

梛神社御朱印。墨書【梛神社】下が梛神社印、上が隼神社印でした。

隼神社御朱印

隼神社御朱印

出典梛神社・隼神社

隼神社御朱印。墨書【隼神社】朱印は【隼神社守護】でした。

梛神社と隼神社御朱印の場所は社務所で頂くこと出来たのですが、本来は写真2枚めの御朱印でよく見ると朱印が2個あるのわかりますか?

せっかくなので巫女(みこ)様このときは神社の奥様にお願いしまして、2つの神社にわけて書いていただきました。(写真1枚目と3枚目ですね)

大変親切で嫌な顔されないで頂くこと出来ましたのですごく良い気持ちで梛神社と隼神社を後にすることが出来ました。

因(ちな)みに梛神社と隼神社の御朱印の値段は奉納料として1枚300円でした。

後日談で、母は大した病気ではないかもしれませんが腰が悪くて食欲なかったのですが、あれから2年72歳になる現在でも車で買物して2袋満杯で手に下げて車に載せていましたから元気。ちょうど出会った時、りんご1袋くれました。感謝!

元祇園梛神社の御朱印帳の種類は


残念なことにこちらの元祇園梛神社では御朱印帳はございませんでしたが、ちょうど外国の方がお見えになり御朱印帳を他で購入して、

境内に入ってあるきながら御朱印帳を外国の方の定番のリュックサックから上手に取り出していました。横に来られて流暢な日本語?で「ここにおたくの筆・で・書・い・て・く・だ・さ・い!」えっ凄い。

御朱印帳は「ごしゅいんちょう」はこの方まだ言えないな?でも一人で神社めぐりしているそうです。最後に「あなたどこからきましたか?」と聞かれこれまた「え!」家に帰って鏡見て悩みました。顔が日本人にみえなかったのかな?

元祇園梛神社の参拝時間・拝観料(参拝入場料金)


比較的自由に元祇園梛神社には参拝出来ます。
特に参拝時間は気にしなくても良かったかな?

ただし御朱印いただける時間は9時~17時ですが、その日の都合もあると思いますので元祇園梛神社に電話075-841-4069でお聞きになられてくださいね。

【梛神社参拝時間・料金詳細】
元祇園梛神社・隼神社 詳細
住所 京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町17
電話 075-841-4069
時間 8:00-17:00
拝観料 境内無料

【梛神社・隼神社を空から見てみよう】


梛神社・隼神社を空から見ると近くに
  • 京福電気鉄道嵐山本線
  • 光緑寺
  • (こうえんじ)
  • 武信稲荷神社
  • (たけのぶいなりじんじゃ)必勝、命名、名付けに利益があるそうですね。
がありますよ。
スポンサーリンク


梛神社・隼神社から各寺社までの時間


こちらの梛神社・隼神社から目安として各寺社までの徒歩・バス・電車などでの

時間や距離を参考にされてください。わたしが京都観光で行き当たりばったりだったのでコース作るのに目安があれば助かるなと思いましたので。


  • 梛神社・隼神社から銀閣寺まで、

  • 歩けば7km85分くらいで、最寄り停留所の壬生寺道バス停まで66mで市営203乙で約47分です。電車は最寄り駅は大宮駅です。

  • 梛神社・隼神社から教王護国寺まで、
  • 徒歩では3.4kmで40分目安で、バスの最寄り四条大宮バス停まで450mの高雄京北線で230円

  • 梛神社・隼神社から仁和寺まで、
  • 徒歩では5.3km,バスの最寄り壬生寺道バス停まで66mで市営26で230円

  • 梛神社・隼神社から伏見稲荷神社まで、
  • 徒歩で6.3km、バスの最寄り壬生寺道バス停まで66mで市営28京都駅前行と乗換で市営急行105竹田駅東口行14分2駅で48分460円です。

こちらのこちらの梛神社・隼神社からはすぐ近くの66mに最寄りのバス停留所がありますので大変便利です。

タクシーも御前通に出れば頻繁に手を上げて止まってくれるのでタクシー乗り場はないですが便利ですよ。


梛神社・隼神社までのアクセスと周辺駐車場まとめてみました。


梛神社/隼神社【周辺】料金比較(普通車・大型マイクロバス・バイク)

梛神社/隼神社【京都駅】からのバス・電車・タクシー・徒歩

おわりに



梛神社と隼神社が境内の中に珍しい2つの神社がありました。

参拝に時間決めなくても御朱印必要ない場合、ほぼ自由に入る事できますので他の寺院主に時間配分してから時間調整の必要な場合気にすること無くスケジュールに組み込むこと可能な神社です。

こちらが祇園会の始まりの神社とは少し驚きでしたし、寺院巡りは現地で初めて分かること多いので楽しいです。
スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする